ブログトップ

  ノ コ ト

uetty.exblog.jp

タグ:音楽 ( 23 ) タグの人気記事

【お別れは突然やってきて】キヨシロー/キング墜つ。

お別れは突然やってきて すぐに済んでしまった


いつものような何気ない朝は、深夜朝方に受信していた友人からのケータイへのメールと、マイミクさん数人の日記で、とても悲しい朝になりました。
必ず二度目の復活を果たし、ライブ会場で会えると信じてました。
何とも言い表し様が無いほど深く悲しんでます。
しばらく泣いてしもた。
ロックの定義って人それぞれだけど、ボクが日本人でロックな人として真っ先に思い浮かぶのはキヨシローです。
っちゅうか、キヨシロー自信こそがロックでした。
発売禁止・放送禁止になった政治的なメッセージソングだけでなく、ラブソングや、一聴かなり適当な歌まで何でもありで。
様々な曲が思い出され、そして何とも切ないっす。



Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by uetty | 2009-05-03 08:34 | 音楽のコト

【行ってきたヨ】Petty Booka@大阪レインドッグス

b0040311_15204343.jpgそんなこんなで急遽今週の休暇を変更して行って来ました~。
Petty Booka@大阪レインドッグス
レインドッグスって初めて行きました。
東通り商店街の端の方にあって、お店の前は何度も通ったことあったけど、ライブもできるような場所やとは知りませんでしてん。

ギター、マンドリン、ヴァイオリン、バンジョー、ベースって編成のブルーグラスのステキなバンドをバックに、ペティー・ブーカ from テキサス!
こないだの記事に使用した画像の衣装で登場でした。
か、カワユス。キュートすぎてノックダウンです^^
てっきり3代目やと思ってたら、4代目Petty Bookaって自己紹介してはりました。
キュートなアレンジのカントリーを何曲か歌った後、私たちには従兄弟が沢山いるんですよ。と、テキサスへ一旦帰りますってステージを後にし、その間バックバンドの皆さんの演奏で楽しんだ後、ウクレレを抱えてペティー・ブーカ from ハワイの登場^^
そして何曲か演奏の後ハワイに帰らはって、再びテキサスからの二人が今度はウクレレ抱えて帰って来はりました!

そんなこんなで、まったりエエ感じのライブでした~。
[PR]
by uetty | 2008-02-08 21:13 | 音楽のコト

【Petty Booka】新生ペティ・ブーカでライブだってぇぇ!


うっきょー!
いつもキュートな音楽を届けてくれるPetty Bookaが活動再開してたとは!
ペティちゃん(森山良子の娘さん=おぎやはぎの眼鏡の方の人のお嫁さん)結婚したので活動停止中やったわけですが、新ペティ・ブーカとなり活動再開ですか!
しかもニューアルバムリリース!
すばらしい!
ってか、大阪でのライブって今週やん。
うーん、気付いたの遅すぎ。
無理矢理仕事やっつけてみるかぁ。

Petty Booka

PV
[PR]
by uetty | 2008-02-06 06:17 | 音楽のコト

【音最悪】東京スカパラダイスオーケストラ@明石なんちゃらホール

明石の何ホールやったかな?アカシックとかやったと思いますねんけど、スカパラってきましてん。
会場の構造が大音響に適していないようで、会場一階ほぼ中央てエエ案配のポジションやったのに音がグルングルン回りまくって、音量が上がると反響音でグチャグチャんなって、各々のパートの音なんて判別不能て有り様。
リズムすら取れへんなんだ。
今世紀訪れた中で最悪最低の音を聞かされたハコでしたわ。
建設されて年月の経つ市民会館の類なんて、根本的に生楽器やらしか想定して設計されてへんやろし、そんなトコに吸音やら消音を施さずにPA持ち込んでデカい音鳴らすなんてどうかと思いますん。
別に音マニアじゃないしHiFi嗜好でも無いので細かい事書いてるつもりはありまへんけど、当然の事ながら音楽を感じに来てるワケで、最低限楽しむ事が可能な音は出して欲しい。て思いましたヨン。

そんな事で、音量上がるアゲアゲな曲では気分良くなれまへんでした。

前方の少年が一生懸命エアトロンボーンしてたってMCで言うてはったんがオモロかったw
[PR]
by uetty | 2007-10-12 23:42 | 音楽のコト

【SKA! SKA!! SKA!!!】 Down Beat Ruler 2007@大阪 心斎橋 Club Quattro

b0040311_2025448.jpg

Down Beat RulerってSKAのイベントへ行ってきましてん。
ボクは2トーン以降のネオスカとかスカコアとかは苦手で、オーセンティックなスタイルが好きですねん。
仕事から逃げ帰り、会場へ到着したらすでにステージにはRude Pressuresの皆さんが勢揃いしてはりました。
ライブは初見でしてんけど、めっさカッチョよかったです。
Down Beat Ruler自体初めて行きましてんけど、てっきりオーセンなイベントやと思ってたら、いろんなん楽しめました。
次のステージにはターンテーブルとミキサーが持ち出されてきたし、ダンスホールかな?って思ってたら、Drum'N'Bass繰り出されたりしてテンションあがりました。
出てきはったんはDJ2人とセレクター(レゲエではレコード回す人をセレクター、トゥースティングってスタイルで歌う人をDJって呼ぶです)のRUB-A-DUB MARKET って人達でしてん。
そんな感じで不思議な雰囲気のレッド・レッド・モヒカンの後にSka Flamesですわぁ。
ボクにとっては10年ぶりぐらいでしてんけど、大阪での演奏は4年ぶりやったそうで。
ゲストヴォーカリストはAkiko高津 直由(!!)。
そんなこんなで、分厚いホーンセクションを堪能できる生のSKAはやっぱしエエっす。
[PR]
by uetty | 2007-09-16 23:37 | 音楽のコト

【楽しんだ!& 撮った写真に…】らぶ in びわこ

b0040311_2514093.jpg
夏休み最終日、野洲市琵琶湖畔のマイアミ浜で行われたらぶ in びわこってイベントに行ってきましたよ。
ゼルダの頃から追っかけ続けてる、オイラのココロの人、サヨコさん率いるサヨコオトナラと、一回聴いただけで個性的な歌声と歌詞が耳から離れない知久寿焼(元たまの人)をお目当てに。
昼間からカンカン照りでしてんけども、浜には風があって涼しくて、それも海のような潮風や無いので、ベトベトしないでとても心地よかったです。
知久寿焼は日が暮れてから。
波の音がエエBGMになって、松の間からはきれいな三日月が見えてて、とてもエエ感じでしたわぁ。
初めて見たICHIが気に入った!
一人で木琴やら鉄琴やらスティールパンやらピアニカやら演奏して歌わはるねんけど、肩の力抜けてメッサ味がありますねん。
ふくらませた風船にピアニカ演奏させてるのがツボでした。すてきすぎる~
で、サヨコさん。フラの踊りのような、大地を慈しんでるかのような低い舞で登場なされた。
精霊が宿られてます。ってか、彼女が精霊です。ほんとにいつもいつも、ステキすぎますねん。
曲間のお話で、「ここ、滋賀県のマイアミ(ぷくす)」って苦笑してはりましたw
やっぱりねぇ、マイアミって西海岸みたいなんはおかしいよなぁw
ステージもあと僅かになり、サヨコさんが観客の間を踊りながらゆっくりと通らはったんやけど、すぐ近く通らはったのにまともに目を向けられなかった!眩しすぎますねん~!
ってな事で宴が終わりしっぽり夜も更け夏休みも終わり、心地良い一日やったなぁって感謝して帰路についたのでありました。

ところで、上の画像の写真の右下の人、足に違和感を感じるんですけど、なんでかなぁ?
当然元画像には細工してませんねん。
b0040311_3292175.jpg

[PR]
by uetty | 2007-08-18 23:59 | 音楽のコト

【圧倒された!】 不滅の男 エンケン対日本武道館

b0040311_10382779.jpg帰宅してナニゲにテレビを眺めてて日本映画専門チャンネルで放映されてるのに目が止まって観てましてん。

不滅の男 エンケン対日本武道館

エンケン
がたった一人で、観客の一人もいない日本武道館でライブを繰り広げるって映画。
富士山の形にギターアンプを積み上げギターを掻き鳴らし続ける様に圧倒されました!
どんだけドギューンってしても叫んでも、曲中にも曲間にも会場からはなんの反応も無いんですよね。
相手はライブ会場の大御所、日本武道館のみで。
ちゅうことで、ド素人なのでそろそろスッコンどきますw
b0040311_10511036.jpg


追記:浦安直樹の「20世紀少年」の主人公のモデルになっているって今頃知りました。
なるほど、「カレーライス」「宇宙防衛軍」は共通のキーワードですね。
[PR]
by uetty | 2007-08-08 05:27 | 映画のコト

【スーザンを探して】デボラ・ハリー、新作舞台にブロンディの曲を


デボラ・ハリー、新作舞台にブロンディの曲を

ウッキョー!です。デビーの新曲楽しみですねん。
ボクがBlondieにハマったのはもう解散して後やったけど、デビーJazz Passengersに参加してはったりしたので、来日するかな?ってツアー情報を気にしてました。が、アメリカと欧州ばかりやったんですよね。
そんなこんなで、なんと1998年に再結成しニューアルバムを発表した後、2003年のサマーソニックで奇跡の来日!
しかもこの年のサマーソニック、ボクにとってはまさしく奇跡でした。
Blondieはもちろん、the Doors! DEVO! Cheap Trick!
もちろん他にもステキなバンドは沢山出演してたけど、上記のバンドをイッペンに、しかも来日ってのは惑星直列並の奇跡やし、これを逃したらもう二度とないわけで、天変地異が起ころうが、山賊に身包みはがされようが、10円ババアに行く手を遮られようが行くしかありませんでしたねん。

そんなわけで、、マドンナのスーザンの探しての舞台ですね。
この映画はビデオで観たけど、素直にマドンナがキュートでした。
内容はほとんど覚えてないので、もう一回レンタルで借りてこようかな。
[PR]
by uetty | 2007-07-17 21:06 | 音楽のコト

【行けるかな?】 the chill (立花ハジメ/ 屋敷豪太 /クニ杉本 / 紺野千春 )


6/15(Fri) Live & Bar11 @大阪ミナミかぁ。
翌日の仕事は早朝からやし、でも行かないと後悔しそうやし、でも人生後悔だらけやし今さら一つ増えたぐらいって感じやし。
[PR]
by uetty | 2007-06-08 07:32 | 音楽のコト

【ネットショップの罠】久々にCD買った

b0040311_1532946.jpgかの香織が夢に出て来まして、なんか彼女の歌声が聴きたくて、購入しよかなぁって。
今まで夢に出てた有名人って、覚えている限りでは二人目かな。
前回出てきたのはゼンジー北京。なんで?

んで、最近レコード屋さんへは足運んでへんなぁ。って、某ネットショップを利用してみた。
ダメですね、あのシステム。関連商品とかって次々出てきて、それが結構ツボ突いてるんですよね。チョット気になるのと前から気になってたのを次から次へとポチっ!ってして、以前からショッピングカートに入ってたのとの合計金額を確認すると、30万円とかになってた。
そないな金額は内蔵売ったりスズメバチの巣を退治したりとか結構リスキーな仕事して無理せぇへんかったら捻出不可能やし、購入リストを減らして届いたのが画像のCD。

Believer [Maxi]
かの香織 / / バウンディ

C(初回限定盤)
かの香織 / / バウンディ
 焼きそばマニアって公言してた かの香織。今でも各国の焼きそばを食べ歩いてはるんかな?うん、やっぱエエです。癒しの楽曲と歌声にノックアウト。


Cioccolata special
ショコラータ / / UK.PROJECT
 かの香織が在籍していたイタリア語と日本語で歌うニューウェーブなバンドのメジャーデビュー以前の音源。メジャーデビューアルバム"Cioccolata"よりクセがあるなぁ。歌声もトゲがあるね。Cioccolataでの活動時に坂本龍一の"未来派野郎"に、かの香織参加してました。

Voice Colors ~あなたといたころ~
オムニバス / / ビクターエンタテインメント
 大貫妙子、矢野顕子、EPO、かの香織、平松愛理、ミズノマリ、加藤沙果菜 参加のオムニバス。まだ聴いてない。

BEST OF TOKYO SKA 1998-2007 (初回限定盤)(DVD付)
東京スカパラダイスオーケストラ / / カッティング・エッジ
 おいいいベスト盤。今回購入した物では唯一の新譜かな?特典DVDまだ観てない。

ザ・ベスト・オブ・ジ・アンドロイド・シスターズ
アンドロイド・シスターズ / / EM RECORDS
ヤン富田がDoopeesを作るきっかけになったとかってアルバム。かなりイケてないジャケットにそそられた。不朽の名作映画ブレードランナーの原作アンドロイドは電気羊の夢を見るか?をベースに、昔のアイドルグループアンドリュー・シスターズを"アンドロイド"にしてみたらってコンセプトで出来たのが"アンドロイドシスターズってキャラクターらしい。
80年代にアメリカのラジオドラマで放送され、キュートな声&辛口メッセージで人気者やったとか。すごくPOPで楽しい!

コンプリート・スーザン
スーザン / / Sony Music Direct
高橋幸宏プロデュースでYMOのメンツや立花ハジメが演奏に参加。ユキヒロらしいテクノポップ歌謡曲。

DOOITS!
DOOPEES / / フォーライフミュージックエンタテインメント

フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム2
ヤン富田 / / インディペンデントレーベル

フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム 3
DOOPEES / / インディペンデントレーベル

 ヤン富田の実験音楽的な面とポップな面はボク的にツボですわ。スージーとキャロラインと牛の会話が楽しかった。
Doopeesのキャロライン・ノバックのキュートなロリータボイスにはいつもイチコロです。キャロラインってジャケ写真の女の子とやと思ってたら違うんですよね。架空の女の子で他の人の声を加工してるとか。キャロライン・ノバックって名前はビーチボーイズの"キャロライン・ノー"って曲からとっていて、ノバックってのは"No Back"から来てるらしいってどこかで読んだ。少女だった頃の二度と帰らない幻影なのか?。切ない。

いんど猫 - メルクリウス
ZELDAっぽいバンド。ZELDA前期に通じる混沌としたうねる世界ですね。

ちゅうか、Digital Hardcoreとかの"デストローイ!"って曲ばっかり聴いてて、歌詞に感動したいなんてフヌケたヤツはポエムでも読んどけや!って公言してたヤツが、癒しとか言ってる現状に自分でも笑えてきた。
[PR]
by uetty | 2007-04-14 16:41 | 音楽のコト